読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日我武者羅御宅日々

お寺の中には神々しい松の木がありましたとさ

ただ前へ、ただ前へ

9周年、おめでとうございます!!!!!

 

 

 

元々ずっとジャニーズ、嵐が好きだった私はいつの日かHey! Say! JUMPにのめり込んでいって生活の一部みたいな存在でした、、、

 

受験期がほんとに投げ出したくなるくらい苦しくて、きつくて、そんな時に光として私の安らぎになっていたのは金田一少年を見ることでした。あの時間だけは待ち遠しくて待ち遠しくて時間になってはわくわくしながら見ていました、、、、はぁ懐かしい、、

 

あんなに綺麗なお顔が毎週1時間も拝むことが出来るなんて、本当に同じ時代に産まれてよかったなぁ、、、

 

その時は誰が好き、とかでもなくみんながみんな好きで、もっと知りたいと思ってたくさん色んなものを見ていくうちに伊野尾慧に惹きつけられていました

 

まだその頃は黒だったよ、、、、絶滅の危機黒髪少女よ、、、、、(黒髪推進派)

 

その年のクリスマスも年末も年明けも一緒にいたのは画面の中のHey! Say! JUMPでしたね、、、ぼっちサミシクナイ!!!!!!!!!!

 

ここらへんで私はネジが取れ始めてゲロ甘可愛い可愛いかっこいい無理やばい脳になってきたんだろうな、、、、(表現)

 

Hey! Say! JUMPは私にとって苦楽を共にした存在であり、私を救ってくれた存在であり、今の友人に巡り合わせてくれたとっても素敵な存在です。自慢!!!!!

 

 

それの代償ではないけれど高校卒業と一緒にそれまでお付き合いしてた人とは別れました!(というより現実に戻れなくて振った)

全く悔いはない!だって、あっち新しい人もういるし!!!!!

 

 

 

だから私、黒崎くんに出てくる芽衣子の気持ちがよくわかるんだよ、黒崎くん好きになっちゃって彼氏振って、どうしようもなく好きになっちゃったんだからしょうがないよな!!!!!芽衣子!!!!!強く生きていこう!!!!!

 

 

 

私が知っている間でもこんなにも大きくなっていく彼らは本当にかっこよくて強くて、でも時々寂しいような、そんな感覚に陥る時もありました。嬉しいはずなのに虚しい、そんな気持ちでした。

 

もう彼らは先の、その先の未来を見ているんだもっともっと上に行くんだ、というのが私が考えているよりずっと大きなものになっていたみたいでした。

 

変わらず、これからも応援していきたい。そんな気持ちですが少しけじめをつけようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というより私DDすぎるんだわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!みんな、好きだよ(cv:佐藤ちょりぽん)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

Hey! Say! JUMPのこれからも今も、素晴らしいものになりますように

 

おめでとうございます!!!!!